広島のイベント・プレゼント・お得情報満載!ひろすき広島のお得・プレゼント・イベント情報メールマガジン
広島イベント情報広島プレゼント情報広島お得情報広島グルメ探検隊いい男いい女当選者の声メルマガの登録TOP
ひろしまグルメ探険隊ひろしまグルメ探険隊ひろしまグルメ探険隊ひろしまグルメ探険隊
広島のグルメを口コミ情報からセレクトして紹介する『ひろしまグルメ探険隊』!話題のレストランから穴場的なバーまでを
「ひろすき」の読者が突撃取材、体で味わった生のレポートを毎週お届けします。どうぞお楽しみに!



専門料理を味わうなら
デートで行くなら 仲のいい友だちと ゆっくり語り合うなら 専門料理を味わうなら 会社帰りに寄るなら 時にはちょっと遠出して グルメトップ

 ■焼肉と本場の韓国家庭料理を楽しむ

焼肉がメインなのですが、韓国料理のメニューもたくさん揃っています。今、ちょっとした韓国ブームですが、韓国家庭料理が堪能できるお店としてもオススメします!思ったより辛くない…というのが、私の感想です。(お願いすれば辛さの調節はしてもらえます)
≪取材したお店:食辛房 広島舟入店(広島市中区) 取材日:2005年2月23日≫

もっと詳しく知りたい方はこちら

 ■ゆったりと個室でおいしい蟹を食べる

東広島市では有名な蟹専門店。場所は、広島方面からだと2号線と375号線が交わったところを右手に折れて(呉・黒瀬方面へ)約400メートル。のどかな田園風景の中にあります。予約が必要なほど人気の料理を、今日はたっぷり堪能したいと思います。
≪取材したお店:かに料理 かね綱陳(広島県東広島市) 取材日:2005年1月12日≫

もっと詳しく知りたい方はこちら

 ■四川の伝統と斬新なアイデアが融合

ゆったりとしたスペースとシックな調度品でまとめられた高級感あふれる店内。落ち着いた雰囲気の中でゆっくりとお食事が楽しめそうです。さぞかしお料理のお値段も…と思いきや、1,260円〜と比較的リーズナブルな価格帯から用意されているので、お買い物の雑踏から離れて、または美術館めぐりのあとやお友達とゆっくり話がしたいときなど、気軽に立ち寄れるスペースです。
≪取材したお店:スーツァンレストラン陳(広島市中区) 取材日:2004年11月13日≫

もっと詳しく知りたい方はこちら

 ■グルメの舌をうならせる極上和牛

場所は紙屋町のデオデオの角を曲がり、1本目の筋を右へ…。原爆ドームに向かって歩いていくと左手にあります。来年は40周年だとか…。ステーキ専門店として有名な老舗です。伺ったのは開店前でしたが店内はすでに燻製のいい香りに包まれていました。店長さんに「燻製室を見せてあげましょうか」と案内していただき、日ごろはめったに見ることのできない燻製を見せていただきました。煙の中にはいぶされた素材がたくさん。う〜ん、ワクワクしてきました!!
≪取材したお店:チャテオあくさん(広島市中区) 取材日:2004年10月23日≫

もっと詳しく知りたい方はこちら

 ■カジュアルな雰囲気で本格派イタリアンを

お店に入るとまず目に付くのが、ワイングラスとワインが入った大きなボックス。どちらもその数の多さに圧倒されます。入り口近くのオープンキッチンからはスタッフの熱気が…。今日の素材は何かなぁ〜と横目で見ながら通り過ぎるのもいいですよね。広い店内はカジュアルゾーンとエレガントゾーンに分かれていて、今日はカジュアルゾーンでディナーをいただきます。
≪取材したお店:マンジャペッシェ(広島市中区) 取材日:2004年9月21日≫

もっと詳しく知りたい方はこちら

 ■シェフのこだわりにみた本物のフレンチ

重厚なドアを開け店内へ。少し灯りを落とした中を進み、テーブルへと案内されました。
店内のあちらこちらには大鉢に生けられた花が…。実はこれ、シェフご自身が生けられたものだと聞いてちょっとびっくり。意外な一面を拝見しました。静かな音楽が流れる中、お料理が運ばれてくるまでの時間は、ちょっぴりVIPな気分です。
≪取材したお店:レストランOGAWA(広島市中区) 取材日:2004年8月20日≫

もっと詳しく知りたい方はこちら

 ■日本料理の伝統と味を楽しむ

パルコを背に並木通りを歩いていくと、通りに面した左手に今日お伺いする日本料理吉はあります。格を感じさせる概観に、気になりつつ…いつも素通りしている人も多いのではないのでしょうか。創業45年、並木通りにお店を構えて28年目になるという日本料理の老舗、吉さんをレポートします。
≪取材したお店:日本料理 吉(広島市中区) 取材日:2004年5月29日≫

もっと詳しく知りたい方はこちら

 ■おもてなしという 和の心を食す

「いらっしゃいませ」と出てきてくださったのは、とっても笑顔の素敵な女将さん。「お忙しいところすみません…」。実はお伺いしたのはお昼の時間帯。通常取材は閑散時におじゃますることが多いのですが、「温かいものを温かいまま召し上がって欲しいので…」という女将さんのお心遣いでこの時間帯になりました。通していただいたのは5階の和室の個室。落ち着ける空間にホッとしてテーブルに目をやると、なんと掘りごたつ風テーブルではありませんか。畳だと足が痛くなりがちですが、これだと何時間でもゆっくりできそう。うれしくなってしまいました。
≪取材したお店:梅もと別館(広島市中区) 取材日:2004年4月2日≫

もっと詳しく知りたい方はこちら

 ■あの大女優も、プロ野球選手も来た!
瀬戸内料理 たか福料理
中国地方最大の歓楽街・流川。この地に創業30年の歴史を持ち、瀬戸内の新鮮な魚介を専門に供する日本料理店。こう聞けば、いかにも敷居の高い料亭をイメージしませんか? べらぼうに高い海の珍味のオンパレードで贅の極みを堪能するような…。 が、しかし!
≪取材したお店:たか福(広島市中区) 取材日:2003年6月5日≫

もっと詳しく知りたい方はこちら

 ■本当に旨い寿司を食べたことありますか
小次郎寿司特上にぎり
ネタがツヤツヤに光っています。今まで食べてきた刺身が、こんなに透き通っていたことがあったでしょうか。パッと見ただけで、食べ手にその新鮮さがビシビシ伝わってきます。こんな特上のにぎり(しかも大振り!)が5品に手巻きが4品。土瓶蒸しまでついて2500円なんて、超お値打ちだと思いませんか?
≪取材したお店:(西区井口台 小次郎寿司)取材日:2003年4月3日≫

もっと詳しく知りたい方はこちら

 ■辛くない。旨いし、オシャレ。参った!
インドネシア屋台 ワルンマタハリ料理
火を吹く辛さ。これが私のイメージするインドネシア料理。確かにアジア諸国の料理は唐辛子系スパイスを使用するものが多く、その辛さを看板にする店もしばしば。例に漏れず今回も…と思いきや、予想を覆す結果に!これって和食?イタリアン?いいえ、新・インドネシア料理です。
≪取材したお店:(中区大手町 インドネシア屋台 ワルンマタハリ)取材日:2003年3月26日≫

もっと詳しく知りたい方はこちら

 ■料理のマジック! 秘密は素材にあり
ボーリバージュ料理
なんてったってリーガロイヤルホテル広島のレストラン(しかもフレンチ!)ですもの。スタッフの対応の良さと言ったら、もう完璧です。スマートで無駄のない動き、親切丁寧な言葉遣い、そしてさわやかな微笑。これだけで優雅な気分に浸れますよね。
≪取材したお店:(中区基町 レストラン ボーリバージュ)取材日:2003年2月12日≫
もっと詳しく知りたい方はこちら

 ■甘くて優し〜い香りに幸せ気分
ケー・サヴ―ル商品
アストラムラインの高取駅を降りてすぐの交差点にケー・サヴールはあります。扉を開けると、あま〜く優しい香りが店内に広がっていて、ほんとに幸せな気分。店内には常時50種類ものケーキ類がスタンバイ。店長さん他、スタッフ総勢12名が忙しく動き回っています。店内は販売のみ。入れ替わり立ち代りお客様がいらして、人気の高さをうかがわせます。ここのケーキが大好きで、私もよく買いに寄ります。今回HPを立ち上げたのを機会に、これまでここに来ないと買えなかった焼き菓子が全国発送できるようになったとか。会社の同僚にもぜひ食べてもらいたいと、安佐南区内しか配達してもらえない生ケーキ(3000円以上に限る)も今回特別に配達してもらって、お昼休みを待って皆でケーキパーティーです。
≪取材したお店:(安佐南区高取北 ケー・サヴール)取材日:2002年11月20日≫
もっと詳しく知りたい方はこちら

 ■40種類の野菜を盛り込んだ芸術作品
レストラン ドゥ ラフィネ料理
今年の12月にオープンから丸5年を迎える、現代フランス料理のお店"Restaurant deux Raffine(レストラン ドゥ ラフィネ)"は福山駅から東へ車で約15分。深津トンネルを通り抜け1kmくらい走ると通りの左手に啓文社が見えてきます。そこの交差点を左折してすぐ、静かな通りの一角にあります。店内には心地よいクラッシック音楽が流れ、足を踏み入れたとたん日常の小忙しさはすっかりどこかへ…。テーブルに置かれた深紅のバラが優雅な気分を盛り上げてくれるよう。
≪取材したお店:(福山市南蔵王町 Restaurant deux Raffine(レストラン ドゥ ラフィネ)取材日:2002年9月11日≫
もっと詳しく知りたい方はこちら

 ■細部まで行き届いた心づくしの料理
梅の花料理
広島駅の正面玄関に位置する福屋広島駅前店の11階は、全国でも名の知れたお店が並ぶフロア。その一角に梅の花広島店はあります。ここは、母ともよく来るお店なんです。お昼時はいつも行列ができていて…。でも、並んで待ってでも食べたいんですね、美味しいから…(笑)。

≪取材したお店:(広島市南区 梅の花広島店)取材日:2002年7月3日≫
もっと詳しく知りたい方はこちら

 ■四季折々の景色をお膳にのせて
豆匠料理
比治山神社の脇の道を、すこし登ったところにある豆匠。大きな門をくぐり格子戸を開けると、広い玄関が待合になっていました。「総檜の和風建築」だそうで、広島でも数少ない建物だとか…。なんとなく落ち着くのはこの空気感かな。通していただいたのは1階の個室。すてきな日本庭園が臨め、部屋全体も落ち着いた雰囲気です。2階には大広間もあり、どのお部屋からも四季折々のお庭が楽しめるとか…。お庭を拝見するだけでも、来た甲斐があったなぁ。
≪取材したお店:(広島市南区 豆匠)取材日:2002年6月13日≫
もっと詳しく知りたい方はこちら

 ■四川料理を味わいたいならぜひ一度は行ってみたい
四川飯店料理
仕事での海外出張が多く、中国へも何度も行きました。現地で北京料理や上海料理などはよく食べたのですが、四川料理は食べたことがなかったんですね。あるとき、「日本の料理店の人気投票」をやっているホームページがありまして、そのとき中国地方で1位になっていたのが「四川飯店」さんだったのです。三原市に住んでいるのでなかなか広島のお店に行く機会がなくて…。今日はとても楽しみにして来ました。
≪取材したお店:(広島市中区 四川飯店)取材日:2002年6月5日≫
もっと詳しく知りたい方はこちら

お店のデータは取材時のものです。ご利用の際には、各店舗にお問合せください。

広島グルメ探検隊トップに戻る
コンセプトプライバシポリシー情報登録メルマガ解除・変更広告について お問い合わせはこちら 
広島のイベント・プレゼント・お得情報満載!ひろすき 広島のお得・プレゼント・イベント情報メールマガジン
企画・制作・運営:ペンシル Copyright Pencil Co., Ltd. All rights reserved.